氷見の祭り

私や氷見人は、祭りが好きらしい。


はじめに

■ナンダカンダと言いながら、氷見人は祭りが好きらしい。
祭りには、曰く因縁・故事来歴が有ると思うが、そんな事はどうでも良い。 とにかく、おおっぴらに酒が飲めるのである。酒もまた、厳粛な神事と思っているらしい。

■変な祭り、と思われるかも知れない。
しかし、「病気になりたくない・田圃に水が欲しい」と言う願いは、 純真・素朴な氷見人にとっては切実であったろう。 そう言えば、「お嫁さんになりたい」と言う祭りも有ったっけ。


まるまげ祭

■久し振りの土日(平成16年4月17日)だったので、まるまげ祭を見てきました。
その昔、芸妓さん達が、いずれは幸せな結婚をと願い、 日本髪の「まるまげ」を結って、千手寺(幸町)の観音様に願掛けをしたのが由来らしいのです。

■最近の宴会はコンパニオンかカラオケですが、私達の若い頃では、機嫌が良いと芸妓さんを呼びました。 置屋さんから大抵3名(踊りの若い娘、唄のお姐さん、三味線のお婆ちゃん。)の1セットが派遣されます。 当時の芸妓さん達は、氷見で100〜150人も居たと言うから、出費はそんなに気にしなくても良かったのでした。
私達がアマチュア無線を始め出し、朝日山で公開運用を行っていた時にも訪問され、感動した思い出があります。 しかし、その芸妓さんも5名に減ってしまう。

境内

■昭和62年から県内各地からの若い女性の一般公募を始め、観光協会の力添えで復活したらしい。 祭り当日は、花笠童子・太鼓台・お稚児さん・御輿・伶人(雅楽人)・まるまげ孃(約40名)の順で行列が続きます。 今年(平成16年)のお旅所「旅館稲六」から中心商店街などを通り、石段を登って「千手寺」まで練り歩く。 そして、朝日山の「千手寺」に辿り、真言宗の勤行、護摩の修法と続くのです。

■友人の娘さん、国際交流員・ひみマリンメイツ・氷見市長さんも加わり、楽しい日々を過ごさせて頂きました。 また、カメラを通じて知り合った方々との交流も思い出となるでしょう。 兎に角、天気が良かったのは最高でした。どうか「幸せな結婚を!」と。

■平成17年は、あいにく見学できませんでしたが、従来の定員(約40名)を上回る52人のまるまげ嬢が参加し、 出発地点も氷見漁港からとなったそうです。

□参考: 氷見市イベントガイド


ごんごん祭

■最近(H14.4/18)は、親戚の招待が都合で無くなったので、 久々に雨乞いの満願成就を祝う「ごんごん祭」に出かけた。 この祭りは、今で言う地球温暖化・環境破壊防止の先取り祭り(?)でしょうね。

■例によって参道は、ごった返しで前に進めない。昔と違って女子(小学〜高校)が目出った。 誰も振り向かない露店商と、行列の出来る「かすてら・ドンドン焼き」とが対象的であった。 後で聞くと、氷見の若い人では常識だという。 でも昔は「笹飴」が常識だったのに、今は見かけ無くなった。

■例の鐘撞「ごんごん」は昔は飛び入りだった。平成12年から市が企画する事になり、 今年からコンテスト形式(1分間の有効打数)となったと言う。 私が出向いた時は既に終わっていたが、 その代り元気なおばさん・お嬢さんが鐘を衝いており楽しませてくれた。(写真参照)

■なお、谷内光夫さん(窪)は、何んと59回の新記録で、大会二連覇(平成14・15年)を果し、 その翌年(平成16年)、林 清春さん(柳田)が念願の優勝となったのである。 両人とも、地域社会のイベントには積極的に参加していらっしゃる。 (谷内さんとは、かつて娘のスポーツ関係でお世話になっている。)

■さて、今年(平成17年)は、林 清春さん(柳田)の二連覇となった。 彼は老齢68歳にもかかわらず、約50キロの丸太で梵鐘を過去最高の79回/分を打ち鳴らした。 (林さんとは寺の門徒として面識がある。)

□関連: 氷見の文化財氷見の巨樹・名木
□参考: 氷見市イベントガイド


お稚児さん

■ごんごん祭は、同時に御座町・日吉神社の春季大祭(4月18日)である。 この辺りは少しややこしいが、上日寺の僧侶さんが神前で読経する。 その後、太鼓台・伶人(雅楽人)・法中と続き、稚児行列が練り歩く。 そして、上日寺・観音堂に参詣するのである。

稚児

■当地では「お稚児さんに上がる。」と言う。 この日は、数年振りに日曜日(平成16年4月18日)と重なった。 親戚に「お稚児さん」の機会が有ったので同行したのである。 御座町に縁(ゆかり)が有れば、お稚児さんに上がれるが、 2ヶ月前迄に予約をしておかないと、満員になるらしい。

■お稚児さんには冠(かんむり)が定番なのに、撮影以外は殆んどが着用していない。 親が苦労して着飾ったのに、子供達には「いじくらしい」のであった。


唐島大祭

■「唐島大祭」(H12.5/3)で、今町・湊町・浜町・中町の「合同獅子舞」を見た。 今町の「ミニ獅子舞」も楽しかった。

■この日、中町(丸の内)の光禅寺から、弁財天の小像(二体)が唐島へ渡御(12:00)され、 この像は一晩安置され四日に寺へ戻されると云う。 遊覧船への同乗を考えたがカメラも持参していなかったし、定員オーバーの様子なので、乗れそうにも無かった。

■三日は、浦方三町(今町・湊町・浜町)の名取社の祭礼でもある。 その後、浦回(うらわ)の町(新町・中町・本川)からも獅子舞 が出て計六町の祭となったと云う。 現在では、中町・今町・湊町・浜町の四町となっている。

■昨年までは、この四町の獅子舞奉納は、漁協の河岸(かし)で行われたが、 今年(H14.5/3)からは、海鮮館前で競演(13:00)された。 また、唐島での獅子舞奉納は、四町の持回りでがされると云うが、 今回(H14)は今町の連中が遊覧船に乗込み、唐島に向かった。

□関連: 氷見の文化財氷見の獅子舞


祇園祭

■「祇園祭」と言えば京都の八坂神社。しかし氷見の「祇園祭」には心も騒ぐ。 「祇園祭」は、疫病から開放され無病息災を願う「例大祭」であり「~幸祭」である。いわゆる「曵山祭」では無い。 南の町方では17:00頃、日吉神社で神輿への御霊の神事が行われるが、時に合わせ各町内の太鼓台がい揃う。 さあ、祭りが始まるぞ。 (平成14年7月14日)

■「御座町」では宵祭り(7月13日)が有り毎年、親戚が招待されている。 提灯の曵山や太鼓台が細い小路にもかまわず、巡行(~幸)して来る。 家々には「御駐輦(ごちゅうれん)」の行灯を掲げ、神式の祭壇が用意され、 家族は、うやうやしく神職の奏上により、神事を受ける。 が、私達は親戚なのでお構いなく飲んだくれている。 また、親戚でもない知人も交わって飲んでしまう。 時には座敷を離れ、夜店や「太鼓台の喧嘩(市民会館の横通り)」も見に行ってしまう始末。 いろんな思い出がいっぱいである。

折返

■翌日14日、南十町(現在は十一町)では、南下町・南上町・南中町などと太鼓台が並び、次いで町内への神輿の巡幸や、「御駐輦(ごちゅうれん)」の行灯が掲られた家では、神役による神事が行われる。 引き続き、川原町・仕切町・地蔵町・高砂町・御座町・下伊勢町・上伊勢町・中伊勢町の太鼓台が列を作る。 曵山は単独行動の筈なのだが、時として~幸の行列と重なってしまう。 また、巡行している筈の太鼓台も、どうした弾みか地蔵町辺り(24:00)で喧嘩が始まってしまい、巡行のスケジュールを乱してしまうのだった。 (平成14年7月14日)

■最近、南方の~幸行列において、伊勢玉神社での神事を見る機会が有った。(平成16年7月14日)

□参考: 氷見市イベントガイド


神輿(みこし)について

■日吉神社での神事(御霊代の遷座)の後、太鼓台行列の中程に、 旗持ち・真榊台持ちに続き神輿が巡行される。 「御駐輦」の行灯を掲げた家には祭壇が用意され、神輿に向い神事を受ける。
(注:御駐輦(ごちゅうれん)…ここで鳳輦(ほうれん)を一旦、駐めて下さい、の意味らしい。)

神輿


神輿拝詞の例

此(これ)の神輿(みこし)に神鎮(かむづま)り座(ま)す掛(かけ)まくも畏(かしこ)き 八坂(やさか)神社の大神等(おおかみたち)の大前(おおまえ)に恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)さく。
常(つね)も皇神等(すめがみたち)の広(ひろ)き厚(あつ)き思ョ(みたまのふゆ)を崇(あが)め敬(うやま)い奉(まつ)る 此(これ)の家(いえ)の諸人等(もろびとたち)。
今日(きょう)の御祭(みまつり)に礼代(いやしろ)の幣帛(みてぐら)を 捧(ささ)げ奉(まつ)りて拝(おろが)み奉(まつ)る状(さま)を平(たい)らけく安(やす)らけく 聞(き)こし食(め)し給(たま)いて。
今(いま)も往先(ゆくさき)も此(これ)の家(いえ)の 内外(うちと)には八十枉(やそまが)つ神(かみ)の枉事(まがごと)在(あ)らしめ給(たま)わず。
家内(やぬち)平穏(おだえ)に常磐(ときわ)に堅磐(かきわ)に夜(よ)の守(まも)り日(ひ)の守(まも)りに 守(まも)り恵(めぐ)み幸(さきわ)え給(たま)いて子孫(うみのこ)の八十(やそ)続(つづ)きに至(いた)る まで五十橿(いかし)八桑枝(やぐわえ)の如(ごと)く立栄(たちさか)えしめ給(たま)えと 恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まお)す。

八坂神社の大神等

■御存じ京都の八坂神社、 すなわち祇園さんの御祭神は、素戔嗚尊(すさのをのみこと)・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)・八柱御子神(やはしらのみこがみ)です。 この拝詞により、家内→神輿→日吉神社→八坂神社へのルートを通じて、素戔嗚尊に無病息災をお願いしている訳ですね。 そして、京都・八坂神社の神幸祭(7月17日・前祭り…山鉾巡行)に間に合う様な日程で、氷見では行われているのです。 この種の祭りは氷見だけで無く、全国的に祇園祭り・山王祭りとして行われているらしい。
(注:素戔嗚尊… 天照大神の弟、八岐大蛇(やまたのおろち)退治で知られていますね。 牛頭天王(ごずてんのう)と同一視されている。)


曵山について

■いわゆる氷見の大火(昭和13年9月6日)で、五町内の神社と曵山が焼失したと言う。 巡行(神幸)の経路などに理解し難い面が有るとすれば、歴史的な背景と考えて欲しい。 (平成16年7月14日)

■「御座町」の曵山は、宵祭は提灯飾りなのだが、本祭り(7月14日)には、花笠を付けない。 なにしろ御座町は、何んだかんだと忙しいのである。 ところで、現在の地図を幾ら探しても、南十町(現在は十一町)なんて出てこないでしょうね。 どんな祭りでも、氷見は「ハリー・ポッター」の世界なのです。


曵山倉について

■その昔、曵山は祭礼が近づく度に組立を行い、祭礼が済むと解体を行って曵山倉に格納していたと伝えられる。 しかし、近年は主だった構造部分は、解体を行わずに格納される様になった。 従って、次の写真で見られる様な2〜3階建てに近い構造の曵山倉となっている。

■下伊勢町の曳山は、老朽化のため現在は曳き廻しされていない。 しかし、その平屋建の曳山倉には、当時の組立・解体の名残りが伺われるという。 伊勢玉神社の禰宜(ねぎ…現在は宮司に昇格)さんに伺うと、今だ車輪など数点が保管されているという。


ひみまつり

■いわゆる商業祭だが、いつ始まったか忘れてしまうほど、市民に定着してきた。 当初は、小さな商業祭だったと思うが、 氷見市制施行20周年を記念し、市中パレードや花火大会なども加わった。 現在では、幼稚園児・各種団体や素人露店も加わり、市民参加型の祭りに変わってきた。
[平成14年8月3日(土)〜8月4日(日)]

■祇園祭りの要領で、中央の目抜き通りを歩行者天国に変えてしまうのである。 そして、中の橋で中央ステージが仮設され、色んな催し物が行われた。 規模が膨らむにつれ、会場は現在の氷見漁港・緑地公園附近に移された。 会場も広くなったので、見応えのあるステージ・イベントも多く催された。
[平成13年8月11日(土)〜12日(日)]

■しかし、そこは氷見。何んと言っても、獅子舞は定番中の定番。 氷見人にとっては、獅子舞は神事を離れフェステバルとなり、祭と名が付けば、関係なく舞ってしまうのである。 クライマックスを過ぎると、やがて花火大会へと場所を移す。
[平成12年7月29日(土)〜30日(日)]

■このページの管理人が所属する窪下獅子舞保存会も、 第32回のイベントに参加した。 例年の様なステージでは無く路上演舞だったので、観客にも違和感の無い獅子舞として伝わったと思う。 それにしても、夏場の獅子舞は兎に角、暑い暑い。
[平成16年7月31日(土)]

□参考: 氷見市イベントガイドひみまつりアルバム


旧町名について(祭を理解するために)

■昭和37年5月に「住居表示に関する法律」が施行され、 氷見市では昭和43年4月1日付で現在の呼称に改変された。 しかし、町内会・自治会や祭事は、ほとんどが旧町名で行われています。

■カーソルを当てると、旧町名が表示されます。また、クリックするとブランク・ページで解説を予定(?)しています。 ただし、記憶を頼りに作成したので、境界や呼称に自信はありませんが。

■このマップは、 Map Fan からの地図を利用し、合成・彩色などを行なっています。 また「 氷見の獅子舞獅子舞が見られるかも情報」のページも参照して下さい。


関連ページ