平行世界 前枠後枠集+α

1 この本によると 後藤さんバージョン

後藤隊長「えーと、この本によるとね…普通の高校生、常磐ソウゴ君。彼は将来、オーマジオウという魔王になる未来が待っているらしいんだよね。前回、シャフトの内海課長が変身した仮面ライダーとジオウが戦ったんだけど、お互い痛み分けになっちゃったわけさ。おまけにあの内海ってのはなんか別の事を企んでるらしいんだけど、これが……。あ、そっか。これはまだこの画面の前の君達には知らない未来だっけ。」

2 これまでの3つの出来事

「(タイトル)!これまでの3つの出来事!ひとつ!!ストリートファイター4に登場するセスが、オーズとの戦いで五枚のコアメダルを強奪!!ふたつ!!そこへさらにヴァンパイアセイヴァーのラスボス、ジェダが襲来!!みっつ!!危機的状況の中、ボーボボと首領パッチが融合し、屈指の最強融合戦士、パッチボボが現れる!!」

ジェダ「…貴様…何者だ…!!」

パッチボボ「俺の名はパッチボボ……。貴様を倒すものだ。」

OB「久しぶりに……出やがった。」

3クリスマス回の時(公園で雪のつもりにつもった草スキーの場所にて)

「「「「「メリィィィィィ……………」」」」」

OB、ルティア、大神、真宮寺さくら、桐島カンナ 「「「「「クリスマっ…!!」」」」」(五人仲良く下へ着くと同時に転倒(笑))

テロップ『メリークリスマス』(元ネタは水曜どうでしょうのクリスマスパーティー)

4 ウォズナレーション ミリア麻雀覚醒

 ウォズ「この本によれば………サキュバスと呼ばれる魔物の一人であるミリア…。彼女はスタンド「クリスタルサウンドドリーム」など三つの力を有しているという。デデデ大王の暴帝とも言うべき圧政を目の当たりにして頭に来た彼女は、デデデに大王の座と自らの翼をかけて、麻雀で勝負することを提案する。仲間が心配する中、彼女は麻雀というものに自らの隠された才能を徐々に覚醒させていく…。しかし、ここからデデデ大王も……。おっと……ここからはまだ知らない未来……。」

5 ジオウ opナレーション

野明「平成ライダーの力を受け継ぎし仮面ライダージオウ!あたしたち第2小隊が見るのは、どんな魔王となった姿?新たな王の誕生に、ターゲットロックオン!」

さくら(サクラ大戦)「仮面ライダージオウ…それは、平成仮面ライダーの力を受け継ぎ、過去と未来を支配する時の王者。花の帝都に今、舞い降りる。祝え!新たな王の誕生を!」

リュウ(ストリートファイター)「仮面ライダージオウ…平成ライダーの力を受け継ぎ、求める強さのその先にあるのは光か闇か?進め!まだ見ぬ強さと強敵(とも)の先へ!」

香貫花(←ジオウのOPナレーション、全部英語で言い切る) 後藤「…なぜに英語?」

6 前枠、三びきのこぶた

泉野明「どーも。三びきのこぶたです。えー、むかしむかし、とある男女達が石板に描かれた異世界の救世主として元いる世界と異世界を行き来しながら活動してます。前回の迫力のアクション満点のエピソードで、篠原遊馬という警官はテンションが上がり、ところ天の助は死にかけて、桐生戦兎という男は途中からテンションが篠原遊馬よりも大きかったです。さて、今回はとある女子高生がこれからのエピソードの鍵になります。ではご覧ください!」

OB(狼のコスプレ)「こぶたいねぇかなぁ……腹へったなぁ…。」

7衝撃の事実

おそ松「なぁOBってさ………殺し屋だろ?」

OB「……。(ぴくっ)」

おそ松「………仕掛人っていうさ。」

OB「それを口にする事が何を意味するか分かっていってんだろうな……?」

おそ松「おう。」

OB「………お前殺したくねえよ。」

おそ松「俺もお前には殺されたくないなぁ。」

8赤いパンツ野郎と危険ジジイ

クリスマスの夜にてー

まどか「こんな時間に……誰だろう…?」

物音を聞いてベランダへと出るまどか。そこには……

デッドプール「ほっほー!メリークリ(ピー)スー!!」

じーさん「プレゼントの鉛玉じゃよー!!震えて眠れぃ!(くわっ)」

まどか「ほんとに誰ですか!?」

9赤いパンツ野郎と危険ジジイと中の人

クリスマスの夜にてin帝都 ̄

デッドプール「今サンタさんは世界出張中なので俺ちゃん達が代理ってわけよ。」

OB「無許可だけどな!」

じーさん「独断じゃけどな!!」

紅蘭「無許可!?独断!?あかんやんそれ!!」

すみれ「それで?あなた方は何をプレゼントなさるつもりで?」

OB「え?クリスマスの夜もといクリ(銃声モザイク)スの夜には回転ベッドとゴムを用意するものなのでは?」

黄色枠『いいね!そのまま乱(ピー)パーティーとしゃれこもうぜ!』

じーさん「大神さんハーレムがR18ルートへ突入じゃな!」

白枠『エロ同人が捗りますな。』

OB「タイトルは帝都のセイントナイト(性的な意味で)でいいですね?」

大神「色々とひどいなこれは(汗)」

10 桐島カンナ、超絶衝撃発言!!

みんなでゲームをやって罰ゲームで秘密をひとつ暴露する事になったのだが……

カンナ「えっとな…じ…実はあたいな……」

ミリア「実は?」

カンナ「大好きな………」

じーさん「大好きな?」

カンナ「大好きな直保(ただやす)の使用済みシャツの汗のにおいを思わず嗅いで発情しちまった事があるんだよ!以上!!/////」

一同「………はぃぃ!?」

直保「( ゜Д゜)」

11 あぶねぇ!!その1

おそ松「さぁ!いよいよ始まりました艦これ編!もしかするとあなたの大好きな艦娘も出てくるかもしれないぜ!?テレビの前の提督たちは録画の用意を……」

アイリス、コクリコ(サクラ大戦)「わぁぁぁぁぁーー!!」(大きなソリに乗って、おそ松の近くを滑走)

おそ松「あぶねあぶねあぶねあぶねあぶねっ!?(ギリギリ回避し)あぶねーっつーの!!」

12 そりゃそうなる

おそ松「どもー!松野おそ松でーす!さぁ前回から始まった艦これ編。まずは鎮守府に出没するという謎の敵について…」

野明、さやか(まどマギ)「♪」(おそ松にカラーコーンの被り物を被せて)

おそ松「こらやめなさい。調査する事になりました。出没場所を見張っていると出てきたのは彼女たちの宿敵の…(ここで野明が顔に落書きを)こらやめなさい。深海棲艦たち。ところが彼女たちは謎の敵の件には関わってないという。その事を一切信じずに攻撃する長門ですが、突如として現れた謎の敵の攻撃をくらって、いやでも信じる事になってしまいました。しかも敵の…(ここで雪玉をぶつけてくる二人)やめなさいって。挑発に乗ってしまって長門が痛い目に。さぁ、どうなってしまうのか。謎の敵の正体と目的は?俺たちはこれからその敵と一戦交えます。では、ご覧ください!(と、ここで野明におそ松がつかみかかり)」

野明「ぐえー!?」

おそ松「おらぁ!!」(容赦なく大外刈り)

13 あぶねぇ!!その2

おそ松「さぁ!!なんと謎の敵の正体はあの内海課長の右腕とも言える黒崎くんだった!はたして彼はなにをもくろんでいるのか!?次回もお楽しみに!!」

野明「(´;ω;)」(12の続きで縛られてて)

おそ松「なんだあんた反省したか……」(言いかけた時である!)

さやか、杏子「わァーーーーーっ!?」(そりにのって突っ込んでくる赤青コンビ)

野明「うわわわわわわ!?」

おそ松「あぶねあぶねあぶねあぶねあぶね!?(ぎりぎり避けて)あぶねーっつの!!あぶねーっての!!」

その14 べろべろばー!

OB「さぁ、今回も面白かったかな?次回は……」

シマリスくん「サザ〇さんでいす!」

ぼのぼの「べろべろべろばぁ〜」

OB「……べろべろばーをお送りします。」

その15 その指輪、強力につき

ミリアから色々と秘密のアイテムを教えてもらってる時にて。

ミリア「ねーねー、竜馬さん。ちょっとこの防弾ガラス撃ってみて。」

竜馬「…?」(疑問に思うもとりあえず撃つ。ガラスは割れない。ひびも入らず。)

ミリア「一見したらこんな防弾ガラスもこの指輪を回して使うと……」

(指輪をガラスに密着させた途端に防弾ガラスは粉々に。)

ミリア「実はこれ、超高周波シグナルの発信器なの♪」

竜馬「ふつーの指輪みてーに扱ってたら、いてぇ目を見るな。」

ミリア「ええ。まったくその通りだね♪」

その16 どの世界に迷いこんだ!?

敵の術によって暗闇の空間へと飛ばされた一同。それを見たOBは……

OB「あの…俺たちは…いったいどの世界に迷いこんだ…!?サイレンか!?サイレントヒルか!?はたまたサイコブレイクか!?それかまさかのクロックタワーか!?」

ソウゴ「いや…どうにもここは暗闇の世界みたいだけど…」

花火(サクラ大戦3)「で…でも…また別の空間に変わって、OBさんの言う世界に飛ばされたら…」

杏佳(えなじぃキョーカ!)「お…おいおいシャレにならねえじゃんかよ…」

OB「ザッケンナコラーぁッ!こちとら赤い水も飲んでねーし、自分を罰したいなんて心から思ってねーし、なんか実験みてーなことしてねーし、親類にでっけぇハサミ持った奴もいねーっ!!」

大神「で?ルシファー君は何を?」

ルシファー「いやとりあえず腹ごしらえにポケットに入ってたぼろぼろのうまい棒でも。」

OB「…こやつ……ここで一発意識飛ばしとくか。このままだとやべぇ。」

RN「下手すりゃラストに精肉屋の地下室で血濡れの一騎討ちだなコレ。」

ルシファー「なんでぇ!?」

その17 ライダー達の漫画デザインイメージ

ビルド、アギト、ブレイド、エグゼイド、カブト、W:石川雅之(「もやしもん」「純潔のマリア」「惑わない星」など) ジオウ、クウガ:鳥山明(「ドラゴンボール」「dr.スランプ」など) ファイズ、キバ、響鬼、ディケイド、ゴースト、鎧武、電王、龍騎:平野耕太(「ドリフターズ」「HELLSING」など) オーズ、フォーゼ、ウィザード、ドライブ:曽山一寿(「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」「わざぼー」など)

その18 じーさん ボーボボ ジオウが中心のOP featサクラ大戦

(縦のコマ割りで次々と早めのテンポでサクラ大戦シリーズのキャラクターが次々と出てきて、次に大きなコマ割りでじーさん、ボーボボ、ジオウが出てきて、レインボーロードのような道を疾走していく。)

興奮すっゾ!宇宙へ GO! (ここでタイトル)

最先端の“夢中”をどう! この手に掴むよ (途中で飛んできたじーさんの髭の入った宝玉、ボーボボのサングラスの入った宝玉、ジオウライドウォッチを手にして本家のOPのワンシーンを再現する三つの華激団の一同。ちなみに掴んでるのはさくら、エリカ、ジェミニ。)

素っ頓狂に笑ってタイ! (クジコジ堂の前で笑顔で背伸びするソウゴ。隣でトレーニングしててそばでそれを見てるおじさんとツクヨミとウォズ。ひょこっと出てくるアイリス、コクリコ、リカリッタ。)

チンプンカンは慣れっこダイ! (じーさんの家の前でじーさんとボーボボが変顔対決してて、その近くにひょこっと出てくる帝都三人娘とメイドコンビのメル、シーとラチェットさん。)

I can't get no satisfaction. (武器を構えて居合いを披露する一郎と新一郎の二代主人公。)

(woo-hoo) 退屈は (本家OPな感じで一瞬映る幹部系の敵キャラたち。その次に空手のような構えをとるジオウ、ゲイツ、ウォズ。)

(woo-hoo) 石になる (今度一瞬映るのはサタンを中心としたラスボスたち。本家OPのべジータのような構えをとる。)

重くて落ちちゃう前に (Let's fly high) (荒れ地を駆け巡るヒロイン達の操縦する光武とその近くで座禅するゲベと首領パッチとところ天の助。)

(woo-hoo) ワクワクの (舞台となる三つの都市の空が暗闇でおおわれていく。)

(woo-hoo) 羽根広げ (歩いていく彼らの足がうつる。)

次の世界へ行こう (じーさん、ボーボボ、ジオウをメインに本家OPのような展開に。)

可能性のドアは 施錠(ロック)されたまま (次々と襲ってくる敵をぶっとばしていくジオウとじーさんとボーボボ。ラスボス達が強力なエネルギー弾を放っていき)

やれやれ…今度も 壁をブチ破る (エネルギー弾を弾き飛ばし、むきむきの肉体になるじーさんとスーパーサイヤ人のようになるボーボボとジオウ2になるジオウ。)

今だ!限界×突破叫べ!へのへのカッパ (歴代ラスボスを相手に空中で強烈な徒手空拳戦を繰り広げて)

無敵のオイラが そこで待っている (さらに輝くオーラを解き放つと、黄金に輝くむきむきじーさんとスーパーボーボボとグランドジオウが現れて)

ドラゴンボール超(スーパー) (ふたたび空中徒手空拳戦を繰り広げて最後はそれぞれの拳がぶつかりあい)

全王様もオッタマゲ〜!! (ここは本家と同じでシメ。)

19 フィリップ違い

花火「ごめんなさい…フィリップ…私はまだ、あなたの元へは行けない…。」

フィリップ(W)「呼んだかい?」

花火「すみません。私の言うフィリップは私の亡くなった婚約者の事です。(汗)」

OB(笑うと不謹慎だが必死にこられてる男は俺の事でいす。)

20 なにこれ運命?

Toloveるキャラとの絡みでの展開を複数経験したツクヨミがふと一言。

ツクヨミ「あの子達と関わると…必ずラッキースケベな事が起こるの……?」

チョロ松「確実にとは言えないけど……中身が中身だからなぁ…。」

ツクヨミ「最近慣れてきた自分が怖いわ…。」

おそ松「ツクヨミもモモに目をつけられてハーレム計画の対象にされたりしてな!」

チョロ松「あ、ばかっ!!」

ツクヨミ「ハーレム計画?」

おそ松「あ」

このあと、ツクヨミはハーレム計画の全貌をおそ松から聞き出し、姉達の事を思いつつも自分の恋も叶えたいという一人の、モモという美少女のその大胆さに敬意すら覚えたとか覚えてないとかなんというかそんななった。

21 OPがワンピースのOVER THE TOPになるとこんな感じらしい。

One Dream One Wish 叶えたいなら Over The Top (ゼロワン→ジオウ→ミリア→ボーボボ→ポプ子とピピ美→変態仮面→承太郎→おそ松と弟たちがゼロワンOPの最初の部分みたいにスローで。間奏の間にタイトル)

見たこともない 世界目指し 荒ぶる波風 越えて 突き進まなきゃダメさ 一番乗りしたいんだ 心配とか 後回し どうせ勝負 イチカバチカ (なんかすげぇハイテクマシンに乗って空を飛ぶ鳥山明風の或人とソウゴ、コウ、ボーボボを中心にした一行。道路ではアーカム・アドヴァタイザーの車を飛ばす『A・Aの女』のアリスとビリーや『Be my ダニッチ』に出てくるマッスルボディのアーミテイジ館長と助教授のモーガンとライスに姪のポリーンがナウシカに出てくるようなマシンに乗ってたり、一行の仲間達がバギーに乗ってたり、チビ太やトト子達が海辺の砂浜を馬に乗って走ってたり、街中で暴走レイバーを取り押さえるイングラムにコクピット内で奮闘する野明や太田、指示を出す遊馬たちにじーっと見守る後藤隊長や街中でそれぞれ過ごすサクラ大戦の大神やさくらを始めとした歴代ヒロインたち、それぞれの機体に乗って上空を飛んでいるガンダムシリーズの主人公らや、マジンガーZの甲児やゲッターロボのゲッターチーム、それに宇宙戦艦ヤマトなどなどもはやカオス状態)

相手がデカく見えたら ココロが縮んでる証拠 (本家のOPのような感じで出てくる滅や迅、サウザー、ツルリーナ三世、チェンゲの早乙女博士、コーウェン、スティンガー、Dr.ヘル、あしゅら男爵、イゴローナク、ショゴス、ウィルバー・ウェイトリィ、内海課長、サクラ大戦の歴代敵役達、ロケット団、DIO)

逃げるなんて選択肢(チョイス)はない 一歩そばへ 近づくんだ ナマイキって 褒め言葉? (ポケモンと共に戦うサトシ一行や仲間と共に友情テレカを使うドラえもんズ、華麗なるそしてアクロバティックな姿を見せるガンダムシリーズ、マクロスF、そしてボーボボヒロインたち)

キツい時ほど 笑っとけ(なぜか張りつけになりつつも笑ってる天の助と田楽マン)

新しい 明日 探しにに行きたいのなら とびっきりの 自信を磨いて (様々なシーンが映像として流れて)

旅をした 足跡が そう!地図に変わるまで (最初に出てきたメンバーが並び立ち、強敵たちと激しい雷が響く中で激闘を繰り広げ)

新しい Horizon ほら進んで来た分 眩しさと難易度が上昇 (ゼロワンがシャイニングアサルトホッパーに、ジオウがオーマフォームに、ボーボボがスーパーボーボボにと一同がパワーアップする)

夢うつつで 起こせ Hurricane さぁ!順位(チャート)かき乱せ (それぞれの陣営が大きく地面を踏みしめて一気に突っ込んでいく。)

One Dream One Wish 夢は逃げない… ぜんぶKnock out (光の曲線を描きつつ激しくぶつかりあう戦士たち、そして主人公サイドの必殺技が炸裂する!)

Over The Top (主人公サイドが一斉に逆バク転して着地。バックには仲間達一同)

22 大慌て!!

とある敵を撃破後、閃乱カグラのヒロインたちと合流する一同だが………

OB「ふぃー……。」

ソウゴ「これでもう全部かな?たぶん…。」

すると……

飛鳥「ソウゴさーん!どらえも〜ん!」

ドラえもん「飛鳥さんたちだ!!」

戦兎「お、みんな無事……か!?」

「「「「「わーーーっ!?」」」」」

ソウゴやドラえもん達はびっくりした。なぜなら飛鳥たちの今の姿が服がずたずたになって露出高い状態になってるからだ。

OB「あ、そういやカグラ世界のくの一たちは攻撃くらいまくると、ああやってあられもない姿になるんだった。」

のびた「そういうの早く言って〜っ!!」

ソウゴ「ほらっ!この上着着ていいから!!」

ミリア「のびたとか顔赤いね〜♪」

四季「ほんと〜♪」

ドラえもん「そんな格好になってたらのびた君とか性的なのに耐性がない子はそうなるよそりゃあ!!」

ミリア「そりゃそうだけど……ん?」

飛鳥「………///」(ソウゴさん…かっこいい…)

ミリア「飛鳥ちゃん?」

23 ……は?

Fateシリーズにも出てくる英霊石を手にいれた仮面ライダーゲイツこと明光院ゲイツなのだが、召喚されたのは……

??「失礼ですが……あなたが私のマスターですか?」

ゲイツ「そうだ。おれが……は?」

??「私はサーヴァント・セイバーにして、鬼殺隊・蟲柱 胡蝶しのぶ。鬼を斬る事はできませんが、鬼を殺す毒を作れるちょっとすごい人なんですよ。」

ゲイツ「……は?」

ソウゴ「……えええええええええ!?」

結果:大人気漫画の人気女性キャラがサーヴァントになりましたとさ。

24 これどうすればいい?

いつもの時間になっても起きてこないゲイツに違和感を覚えたソウゴ。そこで見たのは………。

ソウゴ「……あ。」

ゲイツ「!!」

しのぶ「…すや……」

ゲイツにぴったりとくっついて眠っている胡蝶しのぶだった。

ゲイツ「…………ジオウ。」

ソウゴ「…な……なに?」

ゲイツ「…こういう時……お前ならどうする?」

ソウゴ「………正直、俺が「これどうすればいい?」って聞きたい(汗)」

25 マミさんの新たな力はすごいにしても外見が

廃墟となった教会に謎の蠢く物体があると聞きつけて、調査に向かった一行。そこにいたのは黒いスライム。警戒してるその瞬間に、マミがそれに飲み込まれてしまうが…。

マミ「!!!」

さやか「マミさん!!」

OB「なにいっ!?」

ゼロワン「こいつっ!!」

ウィザード「どうやらヤバイやつのようだな!」

一同が攻撃を加えて、マミを助け出そうとした時だ。

マミ「みんな待って!!」

ゼロワン「!?」

ルシファー「マミちゃんっ!!無事か!?」

マミ「大丈夫……この子は敵じゃないわ…。」

OB「なぜそう言える?どういうことだ?」

マミ「この子は…ガミラスに滅ぼされた星の子の生き残り…時空を越えていくうちにここへ来たの…テレパシーのようなものでそれを教えてくれたのよ。」

OB「なにっ?じゃあこのスライムは宇宙の?宇宙戦艦ヤマトが存在する宇宙から来たのか?」

ゼロワン「……マジかよ?」

マミ「この星だけでも守ってくれって……。私に力を貸してくれるの…。」

ウィザード「力を?」

次の瞬間、マミの体を包んだスライムが吸い込まれるようにマミの中へと入っていき、次の瞬間には……

ウィザード、ゼロワン「!!!」

OB「ふぉっ!?」

ルシファー、さやか「いっ!?///」

マミのその姿はこれこれを合わせて2で割ったような露出の多い姿になり。

さやか「力は…すごそうだけど……///」

ゼロワン「…姿が…その…///」

OB「ふおおおおおおおおおおおおっ!!!」

ルシファー「落ち着け。」

26 いくら俺でも

ある日、ポプ子のサーヴァントになってる嘴平伊之助はこう言った。

伊之助「いくら俺でもお前以外にも…あいつには勝てねぇ…勝てる気がしねぇ……。」

ポプ子「ほう?だれだ?ピピ美ちゃんか?」

伊之助「……………オーマジオウ。」

ポプ子「……………わかる。」

ソウゴ(挑むつもりだったんだ………汗)

27 歩く下ネタ製造機

ミリア「あたしやOBやおそ松が歩く下ネタ製造機ってアダ名つけられてるの心外〜!!」

善逸「そーですよねぇ!!心外ですよねぇ!!」

銀時「お前ら普段の言動見直してこいよ。」

28 オブラートに包んで

或人が用件あっておそ松に電話した際の一幕。

おそ松「………はい、もしもーし。」

或人「もしもし?ごめん、寝てたかな?」←おそ松の意向で普通にタメで話せる仲

おそ松「おー、大丈夫……………昨日の夜から今の三時間前まで嫁(天龍)とずっこんばっこんヤってたからねみーだけ……。」

或人「うん、わかったからそこはもうちょっとオブラートにつつんで夜更かししてたとかにしよーな?( ̄▽ ̄;)(ずっこんばっこんて……(汗))」

29 作戦B

ルシファーさんとボーボボの一幕

ボーボボ「こうなったらやるこたぁ一つだけだぁ!!作戦Bだ!!作戦Bでいくんじゃあぁぁぁぁぁ!!」

魔王ルシファー「ほぼノープランで何が作戦Bだよ!?おまえの言う作戦Bってのはな!!BAKAって意味だろーが!!」

30 喋んな!!

とある出来事で閃乱カグラのキャラクターの一人、両奈というドMの爆乳美少女との初対面に興奮したOBが暴走した時。

OB「ゲームで初めて存在知りました!!設定めっさいいと思った!!エロい空想がすげえでてきた!!なに!?なにが好き!?どんなの好き!?ソフト!?ハード?目隠し鼻フック!?ドスケベポーズ!?それとも」

じーさん、孫「やめえええい!!やめやめやめえええい!!」

両奈「あぁあーん!!♡♡そういうのすごくされたいのおおーーっ♡♡もっともっといろいろ言葉攻めしてええーーっ!!♡♡」

OB「上等だドMメスくの一めえええええーーっ!!」

じーさん、孫「もうお前しばらく喋んな!!!」


トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前の変更 リロード   新ページの作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2020-09-17 (木) 15:22:12 (9d)