パソコン

■私のパソコン歴です。
経済的に、これまで随分、無駄をしてしまったと思う。 もう、パソコンを買い換える気持ちは無いだろう。

■お気付きだろうが、私はデスク・トップや自作パソコンには興味は無いのである。

PC-8001

■初めての買い物である。
当時の選択枝は、PC-8001しか無かった。 家内を連れて、富山市のショップへ向かう。 県内では、ここしか扱っていないのだから。 応接室へ案内され、お茶を頂だき、所長自らの応対を受けた。

■スイッチを入れても、何の変哲も無い。
何しろOSと言えばN-BASICである。 雑誌の記事を頼りに、セッセとキーを打ち込む。 今となってはシンタックス・エラーが懐かしい。 しかし、電源を切ると、元の木阿弥「電気無ければ、タダの箱」だった。 仕方なくテープ・レコーダーを揃える。こうなると強いものだ。 マシン語で働く「インベーダー」や「パックマン」が懐かしい。

■デスプレイは家庭用テレビを使用していたので、家族からクレーム。
仕方なくキャラクター・デスプレイを購入してしまう。 ここまで来ると、5インチのフロッピー・デスクを揃える。 CP/Mは魔法の様に思えた。

PC-9801F2

■この頃になると各社もパソコンが出揃う時期である。
パソコン・ショップも高岡市に現れる。 CPUもインテルのZ-80からモトローラの6809と増えた。 性能や言語はモトローラの方がスマートだったが、私はPC-8001を引きずっている。 PC-8001を友人に高額で売却し、PC-9801F2を購入した。

■今となっては、オモチャみたいなスペックである。
しかし、OSはN88-BASICに格上げされているし、テープ・レコーダーも要らない。 更にMS-DOSが使え、夢のようであった。

■MS-DOSとなると、コンパイラ版のN88-BASICやTurbo-Pascalが使える。
私は書籍を買いあさり、少しはプログラマーの気分に浸る事ができた。 特にTurbo-Pascalはお気に入りだった。 行番号から開放され、制御分や関数が自分で勝手命名でき、 自作のサブ・ルーチンが作れるのである。

PC-H98model-60

■高岡市のパソコン・ショップでのセールで見付けた。
箱入り・新品同様が捨て値である。デスプレイも捨て値。 スペックもPC-9801F2より、かなり上であったので早速、購入した。

■が、何んとなく具合が悪い。
使い切れないのでは無く、使う気がしないのである。 これならPC-9801F2の方がマシだっだ。

■で、アマチュア無線のジャンク市を利用し、 ゲーム・ソフトをたっぷり付けて、タダで分けて上げた。
相手は小・中学生だったろうか。 その後、処分に困っているかも知れない。

PC-9821Na12

■買うかよそうか、随分迷った挙句に決意する。
時代は3.5インチ・フロッピーに取って変わっている。 カタログと睨めっこで12インチ液晶に妥協する。 ノート・パソコンは、現在ではデジタル放送の大型テレビが買える様な値段だった。

■家電ショップにパソコンが並ぶ時代では無い。
平成8年2月、新聞広告を頼りに富山市の専門店に向かった。 PC-8001を買った時の不安と感動が入り混じる。 当時、ノート・パソコンを買う奴は、バカと呼ばれたものである。

■このPC-9821Na12/H10はWindows95である。
本来は使い易い筈なのに、MS-DOS出身の私にとっては勝手が違うようだ。 プログラマーの気分が無くなり、違った道を歩む事になってしまう。 当時は、PC-9801F2でアマチュア無線のパケット通信をやっていたので、 インターネットには抵抗が無かった。

PC-9821Na13

■PC-9821Na12でホーム・ページを開設する。
画面サイズは小さいが、現在でもホーム・ページの推奨サイズである。 また、液晶の不点灯部分が数個あったが、当時はそんな物だと言う。 しかしその内、縦スジが入り目障りとなった。

■で、中古のPC-9821Na13を手にいれた。
バック・アップの心配が出たからである。 Windowsも95から98へ、バージョンを上げた。 ファイルの移設も、LAN接続の共有で難なく終えた。 Windowsも98からは、かなり扱い易くなったようである。

■そうこうしている内、液晶画面が不安定となる。
その内、写らなくなってしまった。 外観は良かったが、中古なのでバック・ライトの寿命が尽きたのだろうか? で、バック・ライトは単なる蛍光灯なのだと、思い知った。

INSPIRON 5150

■巷では、大型家電ショップが溢れている。
が、DELLの通信販売を利用する事にした。 どっちみち、アフター・サービスに期待出来ないのなら、 価格の面でもカスタムだ、と思ったからである。

■DELLは凄い、さすが世界のトップだと感じる。
組合せ次第、しかも配送状況が全て把握できたので、不安は無かった。 心配していたLAN接続やインターネット接続も WindowsもXPに変わり、スンナリ作動した。 DELLのデモンストレーションが気になったが、 それでも市販に見られる余計なソフトも少なく、スッキリしている。

■が、画面のサイズで、気になる所が有った。
それは製品と言うよりは、選んだ自分に責任が有るのだ。 やはり私のパソコン歴が、浅いのか。 又の機会に、その訳を記そうと思う。

INSPIRON 1526

■長年使っていると、5150の動作が怪しくなった。
立ち上がらなくなったり、画面に赤の縦筋が現れてしまうのだった。 リカバリーして使っているが、ある種の不安がつきまとう。 そんなときに、DELLからのニュースが届いた。

■製品ラインナップ変更が有るのだろうか、例の、期間限定の割引サービス。
いい加減に仕様を並べてみたが、目を疑うような低価格となった。 思わずクリックしてから、約2週間で届いた。

■現用の5150の造りに比べ、かなりチャチに見える。
しかし、使い込んで見ると、各所に工夫の跡が感じられた。 また、最近のWindows Vista Ultimateである。 改めて他のムービ・ソフトやDVDのオーサリング・ソフトは要らない。

INSPIRON 7520(15R Special Edition)

■1520の起動時間がだんだん長引き、その内に起動できなくなった。
どうも私にはパソコン運が無いらしい。で、例によって買い替えた。 Windows8がアナウンスされていたが、待ってはいられないから。

■でも、これを機会に32ビットからお別れし、64ビットにくら替えを行う。
互換性を心配してしていたが、過去を引きずっても仕方がないからと。 実際には何も心配は要らなかった。

■それならと、Windows8にVerアップを申し込む。
サービス期間なのでダウンロード版は無料の筈だったが、 成り行きでリカバリーCD付きのコースを選んでしまった。 ヨーロッパのある国からの発送だったが、無事に日本語版が届く。 見たことのないスタート画面にとまどっでしまったので、使い慣れたデスクトップ型に 改造してしまった。 これで、従来通りの操作ができる。

■パソコンの寿命は2〜3年なのか。
ハードが壊れるか、ソフトがゴチャゴチャになるか。 年間サービスが切れたが、使う事のない保守延長サービス。 引き取り修理サービスと言っても、パソコンが手元になければ。 自動車の車検みたいに代車があれば便利なのだが。 電話サポートは、一方的にアナウンスされ、運がなければ人間とは繋がらない。

INSPIRON 7737

■またもや更新。開梱・電源接続、立ち上がらない。
頼りはメーカー・サービス。何とか電話が繋がり、言われたとうりの手順で起動できた。 外部機器の動作も正常。使い慣れたソフトも変わり当分の間、慣れない日々が続く。 どうせならと、Windous10にアップグレード。

■現在の不調は、シャットダウンしてもハードディスクの電源が切れない。
精神衛生上、良くないので電源スイッチの長押しで。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2016-08-04 (木) 11:51:46 (1513d)