これまでの医薬品

  • アプレース(KP-296、胃、当初のみ)
  • オメプラール(阻害、胃、当初のみ)
  • ピロリ菌の抗生物質(忘れた)
  • ガスター20(H2遮断、胃、朝夕)
  • アルマール(β遮断、心拍、朝夕)
  • ニューロタン25→50(A禽氷魁血管)
  • アムロジン(Ca拮抗、血管)
  • ウルソ100(熊胆、肝臓、胆汁、中性脂肪)
  • メインテート10
  • ミカルディス20

アムロジン

  • 一般名:ベシル酸アムロジピン
  • 製品例:アムロジン錠2.5〜5、ノルバスク錠2.5mg〜5mg
  • 区分:血管拡張剤/冠血管拡張剤/持続性Ca拮抗薬

■血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がる。 この薬は、カルシウムが細胞内に入るのを抑える。 その結果、血管が広がり血圧が下がる。 このような作用から「カルシウム拮抗薬」と呼ばれている。

■ただし、歯や肝臓(γGTP)が悪くなったり、EDとの関係もウワサされている。

アルマール

  • 一般名):塩酸アロチノロール
  • 製品例:アルマール錠5~10
  • 区分:不整脈用剤/αβ遮断剤/高血圧症・狭心症・不整脈治療剤

■α遮断作用…血管にあるα受容体を遮断して、血管を広げる。 その結果、血圧が下がる。

■β遮断作用…心臓にあるβ受容体を遮断して、心臓の拍動を抑える。 その結果、脈が落ち着き、血圧も下がる。 また、骨格筋のβ遮断作用により、抗振戦作用を発揮する。

■難しいことは分らないが、飲み忘れると確かに心拍数が上がってしまった。

ニューロタン

  • 一般名:ロサルタンカリウム
  • 製品例:ニューロタン錠25〜50
  • 区分:降圧剤/A-禽氷該沺殖繊IIアンタゴニスト

血圧を上げる「アンジオテンシン供廚箸いβ瞭睚質を抑える作用がある。 これにより、体の血管が広がり、また水分や電解質が調整され、血圧が下がる。 心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できる。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-04-27 (火) 22:07:06 (3465d)