尿酸

■プリン体が分解されてできた「尿酸」の血中濃度。 その排泄がうまくいかなかったりプリン体を含む食品を摂り過ぎると、尿酸値が高くなり(高尿酸血症)、やがて尿酸が結晶化(尿酸塩)して激しい痛みが起こるようになる(痛風)。

■プリン体が多い食物と尿酸は比例しない。

■肝臓がアルコールを分解するとき、大量にエネルギーを使うため、燃えカスとしてプリン体が作られる。

■痛風が7月に多く見られる原因は、脱水と考えられる。汗をかくことで尿量が減少するから。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2009-07-26 (日) 17:52:01 (3401d)