武士

■元々は農民が土地を守るための武装であった。 しかし、土地そのものは貴族が所有している社会なので、せっかく開墾しても自分の領地とはならなず、不満を持っていた。

源頼朝

■各地の武士に、領地として与える約束で兵を集め、平家を倒す。 しかし、義経は無断で貴族より官位を受けたので、思惑が狂い腹を立てた。

織田信長

■武士は平生は農業を営んでいたが、専業の兵士とし独立させ、農繁期でも戦いができるようにした。 また、特権階級を排除し規制緩和を行いながら、経済を振興させた。 その他、個々の技能者を専門職の集団として編成させた。 その結果、大量の鉄砲が購入でき、武田の騎馬軍団を負かす。 戦法も従来の編隊ではなく、分業させた。

カエサル・シーザー

■相手国の宗教・文化を認める。 否定では無く、ローマの文化を共有させ、医師・教育者を優遇させた。

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-12-28 (火) 13:34:54 (3035d)