老人パワー

■と言うが、早い話がボケなのだ。

  • 忘れてしまう。昔のことは比較的よく記憶しているが。
  • 急ぎの用をしなければならないとイライラする。
  • すべてのことに対して自己中心的になる。
  • 過去のことを繰り返し話す。よくグチをこぼす。
  • 過去の自分の苦労話をしたがる。
  • 目のまえで起こっていることに興味をもたない。
  • 他人にわずらわされず一人でいたい。
  • 新しいことを身につけにくい。
  • 騒がしいことに神経質になる。
  • 知らない人と付き合うことを好まなくなる。
  • 世のなかの変化についていけなくなり、疑い深くなる。
  • 自分自身の感情にとらわれやすい。
  • 新しい計画を立てることができない。
  • つまらないものを収集して喜ぶ。

■隠しきれない身体的な症状としては、

  • 白髪が多くなった。
  • 老眼になり新聞が読みにくくなった。視力が低下した。
  • 暗がりになれるまでに時間かかる。耳が遠くなった。
  • 皮膚のしわやしみが弾力がなくなった。
  • 歯が抜けてそしゃくする力が落ちた。
  • 骨や関節が衰え、体の動きがぎくしゃくしてきた。
  • 反射神経が鈍くなった。外からの刺激に対する反応が遅くなった。
  • 外からの刺激の変化が、もとの状態に戻るまでに時間がかかる。
  • ウイルスや細菌に対する抵抗力が衰える。
  • 傷の治り方が遅くなり、爪の伸び方も遅くなる。

■こうなると、パワーどころでは無い。従って、

  • 子供のように柔軟な心であること。
  • 冒険心を持つこと。好奇心を持つこと。
  • 遊び(道楽)心を持つこと。感動とか感激する心を持つこと。
  • 想像したり創造力を働かせる心を持つこと。
  • 物事が上手くいった時には満足する心を持つこと。

■取り敢えず、私に出来ることは、

  • 音楽を聴く
  • 楽器をやる。
  • 社交ダンスをする。
  • 演劇・講演会。
  • イベントを観る。
  • 勉強する

と言うことで、出来れば老人パワーを下げなければ。 (アンチ・エージング?)

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-12-28 (火) 13:36:10 (3220d)