ゐきゐき稲作


 

こしひかり

  • これまでは勤務の都合上、早生の「てんたかく」を作っていた。
    丈が低いので、適当に作っても失敗がない。肥料をやり過ぎても倒伏しない。
    良い事づくめなのだった。でも…、
    • 炊き立ては美味しいのだが、冷えるとどうも、
    • 新米は美味しいのだが、半年も過ぎるとどうも。
  • 定年後、やや生活時間に余裕が出来たので、中生の「こしひかり」を作ってみる事にした。
    しかし、初年度(平成17年?)は大失敗。
    • 最後は見事な倒伏。見るも涙・語るも涙。
    • コンバイン(稲刈り)のコントロールが効かず、家族総出の悪戦苦闘。

栽培のイメージ

  • 多収を諦め、とにかく品種が違う事の再確認から。
  • などなど、早生の「てんたかく」に比べ、多岐に渡って考え方を改めた。

肥料のイメージ

  • 窒素分をやり過ぎない。
    • 即効性(V字型)より、遅効性(への字型)。
    • 追肥は成長の度合い(農協主催の「青田回り」)をみて考える。

収穫(稲刈り)のイメージ

  • 稲丈が長いので、コンバインに突っ込み過ぎない。
  • ナローガイドの出し忘れをしない。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-12 (木) 21:28:38 (861d)