作業計画


 

幼穂(ようすい)

  • 幼穂形成期
    生殖生長期。7月12日頃。
    出穂25日前頃に、株元から5cmほどの間をカミソリで裂くと、節の上に1~2mmほどの白い産毛のようなものが出てくる。
    この時期に、
    • 幼穂と葉色から、追肥を検討し、穂揃い期の葉色を4.2~4.5に誘導する。
    • 葉色が3.5以上、草丈が82cm以上だと、倒伏に注意する。
 
幼穂長(mm)出穂前(日)備考
222
8~1018
19~5015
80~10010倒伏が心配の場合の追肥
  • 穂ばらみ期
    減数分裂終期。
    減数分裂とは、生物が生殖細胞を作るときに行う細胞分裂で、染色体の数は元の半分になる。)
    幼穂全体は10cmにもなり、止葉の葉鞘に包まれて外からは茎が膨らんで見える。
  • 出穂
    当地では8月5日前後。
    • 出穂始め…全体の10~20%の株が出穂した時。7月31日頃。
    • 出穂期…全体の40~50%の株が出穂した時。8月4日頃。
    • 穂揃い…全体の80~90%が出穂した時。出穂期の2~3日後。
 
graph.png
 

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-08 (金) 18:06:53 (1104d)