作業計画
農機具


 

田植え

  • 田植えは出穂75日前(5月15日頃)が理想的らしいが、遅れても気にしない。
  • ラック(苗箱収納棚)
    • 昭和ブリッジ販売(株) NC-40K、平成25年春更新。
      完全を購入しているので、トラックに積み込んでいる。
 
shelf.png
 
  • 作業高さが合わないので、トラックへの踏み台を自作した。
  • 田植え
    • 農協からの指定場所(ハウス)へ完全を取りに行く。
    • 田植え前に、苗箱処理剤をバラ播く。
    • 作業が終わったら、空の箱を洗って農協へ返却する。
    • 代掻きから田植えまで中2~3日、早くても遅くてもダメ。
      4日以上あけると、固くての植え込みが上手く行かないで、入水すると流れてしまう。
    • 植付深さは、第1葉が地表から見えるように。
    • 田植え後は、苗が水没しない程度の深水管理を行う。
  • 田植え機
    • イセキ さなえPPZ4-L
      植付け部はクランク式。予算が有ればロータリ式にすれば良かったのだが。
      代掻きローターは、常時回転させている。
  • 過去に抜かるんだ経験があるので、補助車輪は最初から装着している。
  • 田植え機摺動部の給油
    • 走行を中立にし、植付け部を上昇させ油圧ロックを行う。
      そして、植付け状態に作動させ、スライド部を給油する。
    • クランク部に専用グリースを補給する。
  • 作業開始時は注意力が有るのだが、だんだん散漫になり蛇行運転となってしまう。
 

 
  • 中央の
    play.png
    をクリックすると再生し、画面が移ったら下部の右側
    youtube.png
    をクリックすると、配信元の「Youtube」に飛びます。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-31 (木) 00:10:21 (962d)