肥料


 

窒素(ちっそ)

  • いわゆる葉肥。
    タンパク質を作り、葉っぱや茎の元となる葉緑素となる。
  • 過剰では、葉や茎が伸びすぎて(栄養成長)、花や実が付き難い(生殖成長)。
    つまりは、倒伏してしまう。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-09 (金) 11:52:11 (650d)