ゐきゐき稲作 農機具


 

精米

  • 玄米の糠(ぬか)を取り除いて白米にする作業工程。
    「精白」とも呼ばれる。
  • 保管庫に蓄えられた30kg毎の玄米は、必要に応じて精米を行う。
    30kgの玄米から27kgの白米となり、3kgの米糠となる。
  • 精米機
    農協で「カンリュウ製」を注文したら、「ヤンマー製」の類似種が届いた。
    (OEM製品らしい。商品シールと取説のみが異なっている。)
    30kg仕様なのだがギリギリなので、2回に分け補充して使用している。
    • ヤンマー KS 1503 ES
      能率が落ちたら、分解清掃すると回復する。(かなり面倒。)
      横型(予算の関係?)だからか、終了時の残米が多く残ってしまう。
 
mill.png
 
  • この後工程に「小米取り機」を連結すると、移し替えの必要が無い。
    (高さ合わせが必要となったが…。)
  • 石抜き部からの排出米に、小石が混ざっていたら取り除く。
  • 小米取り機 V-2
    「精米機」の排出と連動させて使用する。
    • マルマス製 100V25W
 
rice-up.png
 
  • プラ舟
    玄米から精米機・小米取り機を経てプラ舟に溜める。
    温度が下がった白米は、にかけ10kgの米袋に詰める。
    • カメムシに食害された黒米が見つかったら、取り除く。
 
box.png
 
  • 精米後の白米は10kgの米袋に詰め、米保管庫に入れておく。
    最終工程なので、使用後の各器具は分解清掃しておく。
    • 食品なので不衛生にならないように。
    • 器具や床の残渣が、小動物(ねずみ・ヤモリ・昆虫)の餌に成らない様に。

関連ページ


トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-07 (木) 22:46:20 (949d)