野菜


 

えだまめ

 
名称種袋播種時期株間収穫
極早生枝豆(奥原系)40mℓ4月中旬~6月中旬20cm80日
早生枝豆(白鳥系)40mℓ4月中旬~7月中旬20cm85日
中生枝豆(盆かおり)4月中旬~6月下旬30cm85日
おいしい枝豆(黒大豆)35mℓ4月中旬~7月中旬30cm90日
 
  • とにかく美味しい。畑として使っている土地なら元肥堆肥のみでも可らしい。

播種のイメージ

  • 種を蒔く際は(できれば)ヘソの部分を「下向き」または「横向き」に埋め、2cmの覆土
    発芽・生育のバラツキが多いので、予め育苗ポット播き)し様子を見る。
  • 発芽は4~5日(1週間以内)ぐらいか。定植迄はトンネルにて養生する。
    時期にもよるが、ナメクジ・アオムシや鳥害(ビーンなので)に注意する。
  • プロには、「土中緑化・摘心・絶根→差し苗」と言う技術が有るらしい。

栽培のイメージ

  • 発芽の後、初生葉から本葉2~3枚で定植播種後、3週間)。
    ポットの大きさにもよるが、根が張り渦巻いたら定植すべきだろう。
    私は一ヶ所二本植えで定植する。
  • 倒れそうなので、本葉3~4枚で子葉の下まで土寄せ
    本葉5枚で初生葉の下まで土寄せし、作業に余裕が有れば摘芯する。
  • 土壌の乾燥には弱い。元肥牛糞稲藁などで水分を保つ。
    開花期以前に乾燥すると生育が悪くなる。
    開花期以後に乾燥すると莢数が減り、空の莢が多くなる。
 
edamame.png
 

施肥のイメージ

  • 追肥は不要。
    どうしてもの場合は、燐酸加里を主体(例えばPK40号)に、窒素は控える。
    窒素が多いと、「葉まさり」となり、莢(さや)の付きが悪くなるから。

収穫のイメージ

  • 品種を選び播種の時期をずらして、収穫期間を延ばす。
    早生種(奥原・白鳥)は発芽率も良く、早穫りの方が美味い。
  • 中生種以降は株間や背丈・葉まさりで期間もかかる。
    収穫遅れで黄色くなっても、それなりに美味しい。
  • 鞘は成るべく現地で処理し、根・茎・葉(ゴミ処理)は家に持ち帰らない。
 

YouTube

 

 

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-26 (火) 18:34:43 (879d)