野菜


 

「しいたけ」のイメージ

  • 以前にやったことがあるが、再度チャレンジ。
    面倒なので、菌入りホダ木を買った。菌が回るまでは、水平に保管しておく。
    • 多殖型しいたけの成る木(品種名:森465号)
  • 買った翌年から収穫できると添付説明にあったが、早とちりなホダ木は、もう発芽した。
    春に買えば、その秋(10月浸水)からザクザク(11月初旬から)採れる。

栽培のイメージ

  • 栽培環境条件(しいたけが採れる時期)
  • 気温…5~21℃
  • 湿度…75~80%

しいたけ・サイクル

①浸水…走り茸の気配がしたら浸水(24~48時間)し、乾燥しないように潅水・養生する。
②発芽…遮光ネットなどを掛け、発芽(10~20℃、4~5日)を待つ。
③育成…直射日光を避け、保温・保湿(10~30℃)を保つ。
④収穫…傘の裏にヒダが見え、巻き込みがある間に採取する。
⑤休養…次回のための休養期間。直射日光を避ける。

 
mushroom.png
 
  • 浸水は、ホダ木が90cmと長いので、大きな雨水タライに入れブロックの重しで沈める。

収穫のイメージ

  • しいたけが採れる時期
    • 10月~翌年春先は気温が低い時期なので、温度・湿度を確保する。
    • 春先~6月は気温が上がってくるので、ヨシズ等で日陰を作ってやる。
  • 細いホダ木は、発芽しやすいが寿命が短い。
    しかし、太いホダ木は、発芽し難いが数年(4~5年)楽しめる。
  • しいたけが採れない時期
    • 6~9月は気温が高いため、芽が出来ない。
  • 「なめくじ」に食害されるかも知れない。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 20:30:50 (958d)