野菜


 

たまねぎ(Onion)

  • ユリ科の多年草。ひげ根で浅根。栽培はプロでも難しい。
 
名称種袋発芽率タイプ貯蔵性平均単重止め肥
O・P黄4mℓ(380粒)75%中生12月末320g3月下旬
O・K黄(定番)3mℓ(380粒)75%中生12月末290g3月上旬
O・L黄(参考)4mℓ(380粒)75%中生11月末300g3月上旬
 
  • 短期貯蔵(切り玉)は疎植多肥、貯蔵用(吊り)には密植少肥栽培。

播種のイメージ

  • 直播き条播き(すじまき)で育苗する。
  • 好暗性播種時期(当地では9月中旬?)が難しい。
    • 早過ぎると、翌年はとう立ち(董立ち)・分球してしまう。
    • 遅過ぎると、冬越しが難しい。
  • 光に当てると発芽し難いらしい。発芽開始には7~10日間かかる。
    天候にもよるが、発芽するまで水やり(朝または夕、日中は避ける)を続ける。

  • 何が悪かったのだろうか、今回は発芽に成功したのだが、生育途中で消失してしまった。
    発芽したからといって安心せず、水やりが必要らしい。
    今年は、畑灌が故障して2ヶ月の断水だった。
  • 近隣の農家が言うには、の高低差には注意すべきという。
    充分に生育すれば別だが、低い場所は水はけが悪く、若苗が腐るらしい。
  • 別の近隣の農家に聞くと、せっかく発芽したのに、台風で飛ばされたらしい。
    今後は風対策が必要なのか。

  • そんな場合は諦めるか、高価な苗を買うしかないだろう。
    しかし、そんな年は店頭でも品薄で苗は売り切れて買えない。
    仕方なく、10km離れた隣町で求めた。
  • 購入苗では植付けて数日経つと、外葉が黄色く枯れる場合がある。
    根が乾燥していたからか。

栽培のイメージ

  • 直根性なので深く耕す。
  • 育苗は播種から55日、成長を確認して定植する。(当地では11月上~中旬か?)
    散水し数本づつ堀り上げ、根は乾燥させず定植に移す。深植えしない。
    活着するまで水やりするが、その後は水をやり過ぎない。
  • 太すぎる苗は、「とう立ち」するか「分球」の恐れがあるらしい。
    かといって、細すぎる苗は冬越しが難しい。
  • 細過ぎる苗は2本をまとめて植えると、助け合って大きく育つ場合が有る。
    取り敢えず、予定の本数を確保する。
 
onion.png
 
  • 定植は保温や雑草対策として、マルチングしても良い。
    (イワタニ菜園たまねぎ用穴あき黒マルチ…シート幅135cm→5条)
    露地栽培での冬越しは、積雪のタイミング次第で農家でも難しい。
une-5.png
  • ねぎに比べ根量が少ないので、過乾燥には弱い。
    暖冬だと、とう立ちし易い。とう(董)は早めに摘み取ってしまう。
  • 連作(4~5回)が可能らしいが、ほどほど(2~3回)に。

施肥のイメージ

  • 4月を過ぎてから肥料を与えると、保存時に腐り易い。(止め肥

収穫のイメージ

  • 葉が倒れ始めたら、必要に応じて一時収穫する。(切り玉・新たまねぎ)
  • 殆んど(7~8割)が倒れ、または黄化したら保存のため一斉収穫とする。
    葉や根は切り揃えず、そのまま残す。
    収穫が遅れると、引き抜く時に葉が千切れてしまう。
  • 畑で半日ぐらい乾かし、葉を15~20cm位に切り揃えてからネットに入れる。
    日陰の風通しの良い所に吊るして保存する。
  • 慣れない内は、董立ち(とう立ち)・分球で結果は散々。
    自家消費では、質より量と諦める。
  • 保存時に、腐り初め(触って柔らかく)を見つけたら、蔓延を防ぐため早めに捨てる。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-21 (月) 20:32:12 (761d)