野菜


 

にんにく(Garlic)

  • 品種は、暑さが苦手な寒地系と温暖地でも育つ暖地系に大別される。
    定番の寒地系「ホワイト六片」を選んだ。
  • 球根は結構な値段がするので、近隣からタダで貰う。
    すると、6片以上の物や白くない物が混ざってきた。
  • 「無臭ニンニク」を作ったことがあるが、美味しくなかった。
    ねぎ(Leek)に似たヨーロッパの野菜「リーキ」を太らせた球根なので、全くの別物。

栽培のイメージ

  • 植え時は9~10月らしい。
    たまねぎマルチ空き穴(15cm間隔)を利用したので、11月中旬になってしまった。
    それでも1週間で発芽が始まるが、とにかく強いと思った。
  • 植え付け直前に、薄皮を除くやり方も有るらしい。
    小さな種球は2球をまとめて植えると、助けあって大きく育つ場合がある。
 
garlic.png
 
  • 三本指で摘まんでぎゅっと押し込み(3~5cm)覆土する。
    発芽するまでは、用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりをする。
  • 2本以上に分げつ(分球)してしまったら、1本に揃える。
    球根の一袋に2球が含まれていた為だろう。

施肥のイメージ

  • たまねぎマルチ空き穴を利用したので、そのまま延長。
    しかし、要求するpHがズレているが、気にしない。
  • 球根を大きく育てるには、多肥にするらしい。

収穫のイメージ

  • とう立ちしたら摘み取り、別の意味での食用に出来るらしい。
  • 翌年の6月ごろ、葉が6割~10割ぐらい黄化したら、掘り上げる。
    根や枯葉は除き、茎はなるべく長く残す。
  • 隣地は、青々している内から収穫したのに、結果オーライ。
    私のは枯れてから収穫したのに、結果は思ったより貧弱。
    物知りが言うのには、それは病気だったのではないか、と言う。
  • 主産地の青森は、ここよりずっと寒いはず。
    マルチで気温が上がり過ぎたのか。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-12 (木) 17:26:45 (1343d)