野菜


 

ほうれんそう(spinach)

  • アカザ科、直根で深根。移植ができない。雌雄異株らしい。
 
名称種袋備考
日本ほうれん草(やまと)35mℓ
ほうれん草 アトラス50mℓチラウム・キャプタン処理。
 
  • 西洋種(丸種)は春播きで董立ちが遅く、
    東洋種(針種)は秋播きで董立ちが早いらしい。
  • 「アトラス(西洋種)」は、播種期間(9月~翌3月)が長い。

播種のイメージ

  • 全層施肥の後、適当(条幅15~20cm✖4列など)に条播き
    種と思っていたが、実は果実らしいのだ。
  • 種を一晩水に浸して(芽出し)から水を切り、広げて乾燥させ種を蒔くと良いらしい。
    が、そんな事は神経質な考え方。
    せっかくの表記された何とか処理が、台無しになってしまう。
 
spinach-1.png
 
  • 秋播きでは、発芽に10日程かかってしまう。
    時期によっては、トンネルをしないと、せっかく発芽が揃っても、積雪や霜で半数以上が死滅してしまうだろう。

栽培のイメージ

 
spinach-2.png
 

施肥のイメージ

  • 酸性土壌に弱い。最適土壌はpH6.3~7.0。
  • 秋播きでは栽培期間が長くなるので、施肥追肥油粕)は多めに施肥する。

収穫のイメージ

  • 間引は思い立ったら、適当に。(株張り型)
  • 間引き後の自家用の収穫は、根こそぎ穫らず葉摘みを繰り返す(株立ち型)。
    気温が高くなると、生育が止まり董立ちしてしまう。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-26 (木) 13:18:57 (1638d)