肥料
施肥


 

元肥

  • 栽培期間が長い場合、ある程度の成長が進み、根が深く伸びたら届く位置に施肥する。
  • 私は、溝施肥作条施肥)で済ませる。
    • 作物の根が触れるまでの時間稼ぎなのである。
    • 全層施肥は準備期間に余裕が無いと怖い。
  • 作物に応じて肥料配分を考えるのは面倒である。
  • 適したpHは、酸性側か・中性か?
  • 即効性(短期決戦型)か遅効性(長期持久戦型)か? ぐらいは意識するが。

元肥のワンパターン

 
une1-1.png
 

①堀底し、杭打ちできない支柱(白竹など)を予め立てた後、適当にバラまく。

  • 牛糞・あれば稲藁…保水・保肥に。
  • 米糠…豆類の微生物へのご褒美?。
  • 発酵鶏糞…果菜のおまじない。
  • 菜種油粕…葉菜に。根菜・実菜・豆類の場合は省略する場合もあるが。

②次の粒剤散布の量が分かり易くするため、適当に埋め戻す。

③粒剤の肥料を撒く。

④水平に埋め戻す。 全層施肥が必要なら、ここで追加し管理機で撹拌しておく。

⑤縄張りの後、を作りレーキで均す。

追肥が必要な場合、必要に応じて。

気分に応じて

  • 適当というよりか、1㎡当たり何gと言われても分からないし、出来ない。
    稲作では10a(1反)あたり1袋(15~20kg)の散布状態なので、その辺の感覚で。

関連ページ


トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-26 (月) 07:22:33 (573d)