肥料
施肥


 

「緩効性」肥料

  • 生育期間の長い作物には、ゆっくり溶け出し長く効く「緩効性」肥料が適している。
  • 窒素は、すぐに効かない「CDU態」とか「IB態」になっている。
    • CDU…アセトアルデヒド尿素(Cyclo-diureaの略)
    • IB…イソブチルアルデヒド尿素
  • 肥料の粒を被覆する。
  • 肥料の粒を大きくし、重量当たりの表面積を小さくする.
  • 中性の水には溶けない成分、く溶性など。
  • 肥効調節型・遅効性と呼ばれている物もある。
  • リニア(直線)タイプ
    生育期間が短い葉菜類や、生育後半に肥料分があると品質が低下するイモ類など。
    元肥・追肥を組合せる。
    …こまつな?ほうれんそうかぶジャガイモ・さといも?レタス
  • シグモイド(S字)タイプ
    尻上がりに養分を吸収するため、前半の生育の抑制が必要。
    …すいか?・メロン?・カボチャ?にんじんごぼう
  • 「元肥一発」とか「何日タイプ」とかで呼ばれる場合もある。
    • LPssコシヒカリ2号…100日タイプ
    • しろねぎ用基肥一発肥料
      …夏秋どり用なっちゃんA(緩効性
      …秋冬どり用あきちゃんA(遅効性

関連ページ


トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-27 (水) 10:07:26 (1153d)