肥料
施肥


 

「遅効性」肥料

  • 緩効性と表現が似ている。ゆっくり効くか、後から効くか。
  • 与えても直ぐには植物が利用できない肥料、主に元肥
    • 微生物による分解などを経てから吸収できるようになる有機質肥料
    • 成分がなかなか溶けない不溶性・緩効性の肥料。
  • 肥効は肥料の形態ではなくチッソの形態らしい。
    • 植物が吸収するのは効きの早い順から、硝酸態チッソ>アンモニア態チッソ>有機態チッソ。
    • 肥料成分(チッソの形態)にもるが、液肥>化成>鶏糞(有機態チッソ)らしい。

関連ページ


トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-28 (木) 07:37:20 (1000d)