制御盤
結線図


 

コネクタ

  • 無くても良いが、現場での配線や点検で悩むことになる。

MC4型コネクタ

  • ソーラーパネルのリード線は、こんなコネクタが標準となっている。
    • 下図の右側(赤のリング)が、プラス極のリード線のになっている。
      しかし、水道のホースのように電流の流れる方向なので、極性は考えない方が良い。
    • 中のピンは、大きい方が赤リングである。
 
connector-1.png
 
  • これを専用の圧着工具(私の場合はA2546B)で潰す。
    あらかじめ、台座の高さ・ピンの長さ(深さ)位置を調整しておく。
 
crimp-2.png
 
  • 圧着接続は、慣れないとややこしい。(A2546Bの場合)
 

 
  • 中央の
    play.png
    をクリックすると再生し、画面が移ったら下部の右側
    youtube.png
    をクリックすると、配信元の「Youtube」に飛びます。
 

 
  • 最後に、こんな専用工具でコネクタのカップラー部を締め付ける。
 
spanner.png
 
  • 自分で加工した部分の締め忘れは無いだろう。
    しかし、中国製ソーラーパネルのリード線は確認した方が良い。

110型コネクタ

  • 自動車の部品(110型ハウジング4極)。計器のリード線が短かったので、使用した。
 
connector-2.png
 
  • 良いかな、と思って使ってみたが、接続が以外と面倒だった。
    他の方法を考えた方が良いかも。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-29 (土) 21:43:28 (724d)