制御盤
計器


 

透明塩ビ板

パネル取付タイプの計器(直流計器・交流計器)を盤内に設置する場合は取付加工が要る。
鉄板加工は面倒なので、「アクリル板」より廉価な「透明塩ビ板」を使用した。

切断加工

  • 大まかな板取りは、専用のカッターで、板の両面を深くケガいた後に、パチンと折る。
  • 細かな加工は、ドリル・ジグソー加工の後、グラインダー・ヤスリで仕上げる。

曲げ加工

  • 加工が済んだら、曲げたい位置の裏表からヒーターで加熱する。
    曲げ終わってからの加工は、無理な姿勢なので割れやすい。
 
heater.png
 
  • 曲げ終わったら、温かい内にスコヤ等で曲げ角度を確かめ、冷えて固まるまで保つ。
  • パネル取付タイプの計器は、ポッチ部分の加工を行う。
    インパクト・ドライバーでの取付は、割れやすいので慎重に行う。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-27 (土) 06:35:29 (936d)