石仏・歌碑(37)

歌碑

隱{籠}りのみ 居ればいふ(鬱)せみ 慰むと
出で立ち聞けば 来鳴く晩蝉(ひぐらし・日晩)

家持 (注:巻08-1479)